秋葉原新聞は秋葉原の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

お客様に寄り添い続けて10年!!『クリエーターズカフェ 秋葉原制作所』

こんにちは!秋葉原新聞です(*’▽’)ノ

以前、名刺を作成するため、秋葉原で名刺作れる場所ないかな、、と調べておりましたら

なんとも素敵な秋葉原制作所のHP(http://www.seisakujo.com/)にたどり着きまして、、

ここだ!ここは取材するしかない!

ということで、まずは名刺作りと挨拶をしに伺いました(‘ω’)

 

無事に名刺を作成することができ、出来立てホヤホヤの名刺で挨拶をしつつなんとか取材の許可を得ました (;∀;)

 

ということで、今回は創作活動をする皆様をサポートし続けている

『クリエーターズカフェ秋葉原制作所』に突撃してきました!(゚∀゚)

map

アクセスマップ

アクセスマップはこちら。

秋葉原駅より徒歩8分

末広町駅より徒歩1分のあたりに位置しており、

なんと金・土・祝前日は24時間営業をしています!

 

 

秋葉原制作所入口

秋葉原制作所一階入口

入口はこちらの看板が目印です!

 

秋葉原新聞
失礼します!秋葉原新聞です!よろしくお願いします!

 

秋葉原制作所
はい!こんにちは!こちらこそよろしくお願いします!

左:谷本さん 右:渡辺さん

左:谷本さん 右:渡辺さん

 

とてもユニークな感じで迎え入れてくださいました。

既に雰囲気の良さが伝わっていると思います。

左の女性がスタッフの谷本さん、右の男性が店長の渡辺さんです。

今回はお二人にお話をお伺いしました!(゚∀゚)

 

 

秋葉原制作所のこれまで

 

秋葉原新聞
秋葉原制作所は株式会社ライトクリエートという運営母体で、コスプレ居酒屋やスパイバーなど、

ユニークなお店を運営しておりますが、どのような経緯で秋葉原制作所が生まれたのでしょうか?

渡辺さん
はい。うちは社長がその時折で、サブカル関連の面白い会社を作りたいよね、

っていう考えをしているんですが、、(笑)

うち元々コスプレ雀荘を2店舗やっていて、その2店舗を統合することになったんです。

 

そこで余ったスペースをどのように使おうか、、って考えていた時に、

同人作家さんのためのコワーキングスペースをやったら面白いんじゃないか、、

という案が出たんですよね。

 

なかなか皆さんご自宅ですと、参考にしようかなと思って

ついつい原作のマンガ読み切っちゃったりとか

ついついネット開いちゃうとそのままとか

谷本さん
そうですよねぇぇ(´ω`*)ウンウン

秋葉原新聞
テスト前みたいですね(;´∀`)

渡辺さん
全然原稿が進まない、、ってことが起こってしまうので、だったらそういった方が集中できる、

作業しやすい環境を整えてあげたり、

なかなか個人では揃えるのが難しい機材なども取り揃えたり、

そういう場所があったら、同人作家さんが助かるんじゃないのかな、、、というところから始めました!

秋葉原新聞
んっっなるほど!ちなみにスタートは何年からになるのでしょうか?

渡辺さん 谷本さん
200、、、9年から初めているので、もうちょっとで10年目ですね!!

秋葉原新聞
10年ですかΣ(・ω・ノ)ノ!!秋葉原でお店を構えるのはなかなか大変だと聞いておりますが、

ここに至るまで結構なご苦労があったりしたのでしょうか、、、?

渡辺さん
そうですねぇ、最初はやっぱり認知度が少なくて、、(-_-;)

同人作家向けだったので、そんなに間口が広くなくて。。。

ですが印刷の需要を取り込んでからは使っていただけるお客さんが増えて来ました!

秋葉原新聞
なるほど、ということは最初は現在のような形のワーキングスペースではなかった、、、ということでしょうか?

谷本さん
お店があった最初のほうは、、たしかコピー機一台だけでしたよね?

渡辺さん
そうだね、製本機もなかったね(笑)

谷本さん
最初はラフとかをコピーできるよ!くらいでしか考えてなかったので(笑)

なのですが、皆さん「ペーパー作りたい!」とか、「本を作りたい!」っていう方がどんどん増えてきて、、
じゃあコピー機増やすか!ってなって(笑)渡辺さんが機械が好きなので色々調べてくれたんです。

渡辺さん
最初はデスクのほうはパソコンが4席スタートでしたね。

谷本さん
当時は10年前なので、アナログで書く人が多かったんですよね。

渡辺さん
で、コピー機を増やしたら利用が増えたので、5年後くらいには今のようになりました。

全部で11台あります。(笑)

コピー機も今は全自動で製本ができるし便利なので、ドンドンどんどん増えていったんですよね。

秋葉原新聞
お客さんに寄り添った形で需要を取り込んでいったんですね!!(; ・`д・´)

渡辺さん
お客さんから『こんなことしたいんですけど出来ますか?』とか『こういうの無いんですか?』

という声が増えると導入してみようかな?って考えてみて。

谷本さん
なので、私たちがやってみたら面白いんじゃないか、、というのではなく。

お客様がアンケートに書いてくださったり、

お店にきて「こういうの出来ないんですか?」って聞かれて、

「いやぁ、うちではそれは、、、(>_<)」とは言うんですけど、

それ欲しい(笑)みたいな感じです( ´∀` )

渡辺さん
ポスター印刷とかもそうでしたね(笑)A3以上のポスター作りたいんですけど、、っていう要望があって。

「ごめんなさいうちA3までなんですよ~」とは一応言うんですけど、

よしじゃあうちでA3以上作れるようにしよう!

って機械を導入したり。

名刺作った後に、ポストカードの需要もあったのでやってみたら、

ポストカードも流行りだしたり、、

秋葉原新聞
ドリンクバーも後から入れたんですか??

谷本さん
ドリンクバーは最初からありましたね(‘ω’)

当初のコンセプトはもうちょっとカフェというか、コワーキングスペース的な方向だったんです最初は(笑)

なので長時間いられるように。ということでドリンクバーも入れていたんです。

全15種以上のドリンクが飲み放題!

全15種以上のドリンクが飲み放題!

渡辺さん
当初の予定だと、広いデスクに画材とか文房具を広げられたり、

原稿に集中できるように、座り心地の良い椅子とかドリンクバーをおいてスタートしたんですが、

意外と印刷の需要があるな?ってことで設備拡張をしたら今のような形になったということですね(笑)

 

 

設備について

 

秋葉原新聞
コピー・印刷などなど設備が充実してることが分かったのですが、

作業スペースでは具体的にはどのようなことができるのでしょうか?

谷本さん
うちはフォトショップとコミックスタジオとクリップスタジオを備えてます!

漫画を描く上だと今はクリップスタジオが主流なので、ちゃんと備えてあります(*^▽^*)」

秋葉原新聞
これだけあれば漫画家活動はできるってことですね!(゚∀゚)」

谷本さん
そうですね、これだけあれば漫画は描けると思います!

渡辺さん
あとは小説を書く方向けにwordとか、大体同人作家の方が使うソフトは

店内の全PCにインストールをしているので、存分に使っていただければなと思っております!

作業用パソコン

作業用パソコン

 

谷本さん

またこちらの席だと、CDジャケット印刷、CDのマスタリング、盤面印刷もできるようになってます!

CD/DVD/BD複製機

CD/DVD/BD複製機

 

秋葉原新聞
機材もこれだけあると、メンテナンスが大変ですね(; ・`д・´)

谷本さん
そうなんですよ、、コミケ前で忙しくなる時期は、全部で11台あるんですけど、フルメンテナンスをして備えるんですが、

やっぱり使えなくなる時があって、、

「そこの印刷機使えませーーん(/ω\)」ってことは結構あります(笑)

秋葉原新聞
コミケ前が一番忙しいんですね。。。印刷枚数がすごそう、、、(@_@)

渡辺さん

そうなんです。でも皆さんに利用していただいているのは本当にありがたいですね。

皆様のTwitter等を拝見していると、

「きれいに印刷できた!」とか「無事本が出せてよかった!」などのお声をいただいているので、

最後の砦になってるのが良いのかなあ、と思います。

うちは金土祝前日は24時間営業なのでコミケ前日までバリバリ頑張ってもらって、

当日の朝早くにうちに来たら何とかなる、、、って思ってくれると(笑)

 

あとは素直に嬉しいですね!!!

 

働かれているスタッフの方々について

 

秋葉原新聞
お二方は秋葉原のどのようなところに惹かれて働かれているのでしょうか?

谷本さん
私は友達に誘われて来たんです。友達のやっているお店のお手伝いしてたんですけど、

お手伝いが終わった後に秋葉原でもうちょっと働いてみたいな、

と思って、応募したんです(*^▽^*)」

秋葉原新聞

応募、、というと?

谷本さん
秋葉原制作所のオープニングのアルバイトの応募です。(笑)

秋葉原新聞
ほえぇぇえぇぇぇぇぇ(ΦωΦ)そうだったんですか!!

谷本さん
私元々、同人作家だったので(ΦωΦ)

秋葉原新聞
なっるほど!!!

谷本さん
オタクで秋葉原で漫画書けるカフェができるってことで!

確か当時は漫画書けるカフェって当時は全然なくて、、、

自習室とかは池袋にあって、でもそこはさすがに勉強するところだったんですけど。

なので、そういう場所は当時なかっ、、、たですよね?

渡辺さん
なかったね(‘ω’)

秋葉原新聞
すごい、、、アルバイトで入社されて、社員なってずっと働かれていたなんて!

谷本さん
当時店長の渡辺さんに面接をしてもらって(笑)

渡辺さん
あぁこの子採用やわ、と思って(笑)

谷本さん

結構倍率高かったらしくて、、ラッキーでした(*’’▽’’)

渡辺さん

たしか当時、倍率は、、、10倍ぐらいはありましたね(笑)

秋葉原新聞
えええ本当ですか!?

渡辺さん
当時はやっぱり斬新だったのか、目に触れたみたいで、応募だけでも60件くらいはありましたね。

なかなか面接するだけで1週間以上かかっちゃって、、、(笑)」

谷本さん
もう1人まだ私と一緒にオープニングから働いている者もいますよ!

秋葉原新聞
なんと!長く働くことができるのは本当素晴らしいですね( ..)φメモメモ

何か秘訣みたいなものはあるのでしょうか?

谷本さん
なんだろう、ノリと勢いというか。

渡辺さん
やっぱり好きな人はずっとやってくれるのかな、と思いますね。

谷本さん
そうですね、その方も絵をかくのが好きな方なので!

秋葉原新聞
創作活動をしている方だと素敵な環境ですよね(*”▽”)

谷本さん
やっぱり作家活動をされているのでお客さんの層も大体把握できてますし、

お客さんの対応をしやすいのかな?って思います!

元々がオタクなので、親近感も沸きますし!

あとやっぱり面白いのが、10年も働いているので、毎年、同人誌の流行り廃りというか、流行がめちゃくちゃわかりますよ!お、今これキテるな!とか(笑)

渡辺さん
もし創作活動をする時間がしっかり取れれば、

秋葉原制作所としてコミケにでようかな、とも考えたりしています(笑)

 

 

最後に

 

秋葉原新聞
今後の目標などがございましたら、ご教示いただけますでしょうか?

渡辺さん
はい、やはりもっと多くの作家さんに知ってもらいたいというのと、

もっと多くの方に利用していただきたいというのはあります。

先ほども申し上げましたが我々は

その時代時代に求められるものを、ちゃんと提供していきたい、

ということを大事にしているので、もっと多くのお客さんの声を聞いて、

多くの方が便利だと思ってくれる場所を目指したいです。

最近だとVtuberや動画撮影など流行っているので、もしそういう声があればぜひぜひ検討してみたいですね。

谷本さん
ここからVtuberが生まれたり、生配信とかできたらワクワクします(*”▽”)

渡辺さん
もうひとつ、現在スタッフを募集をしているので、一緒に働いてくださる方も募集しております。

もしご興味があって、好きな方がいらっしゃったら是非応募いただきたいですね。

秋葉原新聞
なるほど!では、スタッフ募集に関して一言お願いします!(゚∀゚)

渡辺さん
うちで一緒にやりましょう的なやつですか?

秋葉原新聞
はい(゚∀゚)

谷本さん
漫画が好きでも良いですし、漫画を描くのが好きでも良いんです。

なのでそういったものに興味がある方がいらっしゃれば。
やっぱり作り手側がお客様になるので、締め切り前の辛さ、とかそういったところに理解がある方だと、とても働きやすいと思います!!

渡辺さん
あと自分の書いた漫画が完成して本になった瞬間の喜びに共感、共有できる方だったら楽しい職場かなと思います!!!

 

 

 

おまけ(取材後)

 

谷本さん
私のおすすめのスペースが、、、実は喫煙所なのですが(*^▽^*)

これ見てください!

 

ホワイトボードアート

ホワイトボードアート

秋葉原新聞
なんですかこれ!!可愛い絵が、、、!!!

谷本さん
これ実は秋葉原制作所で作業してくれた方が、休憩で喫煙所を利用してくれた際に

設置したホワイトボードに書いてくれているんです!!!

ホワイトボードアート

ホワイトボードアート

ホワイトボードアート

ホワイトボードアート

谷本さん
毎月写真を撮って、喫煙所の壁に貼っているんです。これ私のおすすめスポットです(*^▽^*)

あとは交流ノートというのもやっていて、お客さん同士の交流をノートを通してやっていただいているんです!

交流ノート

交流ノート

 

秋葉原新聞

お客さん同士の交流でお互いの作品があるとより創作意欲沸きますよね!!(; ・`д・´)

しかもVol.30も!!

あ、あとずっと気になっていたんですが、入口に飾ってあるサインってどなたのですか?

三森すずこ様サイン

三森すずこ様サイン

谷本さん
これは三森すずこさんのですね(‘ω’)

 

秋葉原新聞
みっっもりーーーーーーーーんっっっっっっっっ!!!!!!!!!

 

*****************************************
クリエーターズカフェ秋葉原制作所

所在地:東京都千代田区外神田3−8−6 イサミヤ第7ビル2階

営業時間:
【全日】11:00〜23:00
【金土祝前日】24時間営業
【日・祝日】前日の営業~23時

URL:http://www.seisakujo.com/

Share (facebook)